Archive for admin01

「ピンクコンパニオンよりデリヘル!」という友人もいるが…。

ピンクコンパニオンとデリヘルは似て非なるもので、ピンクコンパニオンは性交渉の相手ではありません。

両者の違いを知って、それぞれの楽しみ方を満喫しましょう。

■存在感や意味が異なるデリヘル&コンパニオン。

人によってさまざまな解釈・価値観がありますが、ピンクコンパニオンは仲間と複数で楽しむパーティニーズに対応してくれる相手で、セックスが目的ではありません。

もともとは地方の旅館の宴会ニーズに応えたものなので、存在する意味そのものが違います。

デリヘルは性的な遊び、セックスそのものが目的です。

1対1で自宅など密室に来てもらって楽しむものです。

・【参考記事】【エロ体験談】張り切りすぎた初デリヘル

■ピンクコンパニオンは性交渉の対象ではない。

ピンクコンパニオンとデリヘルは、同一線上に並べて「どちらがいいか」と比較して選ぶ対象ではありません。

あるときはピンクコンパニオンを呼んでみんなと~。

あるときはデリヘルに来てもらって性的な快楽を楽しむといったように、別々の存在意義があるものです。

若いうちに両方を経験しておくと、その後の自分の勉強にもなります。

■「ピンクコンパニオンよりデリヘル」と言った友人は、両方を経験して、いまの自分にはデリヘルがいいと言っているだけです。

性的なものを形式で論じるのもおかしなことですが、ピンクコンパニオンは誰が何と言ってもパーティ需要なので、セックス対象とは一線を画するものです。

違った楽しみ方を知って、無理のないように接していきましょう。

ピンクコンパニオン嬢の中にも、セックスが苦手な女の子もいます。

無理強いしないように気をつけましょう。

ピンクコンパニオンを選ぶのに人気ランキングは信用できる?

人気ランキングの順位を本気で信じている人はいないし、その根拠もありません。

ランキングでピンクコンパニオンを選んでも満足はできないでしょう。

■ヘビーユーザーが使う人気ランキング。

はっきり言ってしまえば、人気ランキングを基本にピンクコンパニオンを選んでいる人はいません。

人気ランキングをみている男子は順位を気にしているわけではなく、自分の好みの女の子を探しているだけです。

自分の好みはあくまでも個人的なもので、ランキングの1位を指名して遊べる人はヘビーユーザーです。

「普通に選んでいることに飽きたのでランキングで一期一会」といった感じでしょうか。

■ランキングは自分にとってのサイドメニュー。

ピンクコンパニオンの世界に浸って飽きるほど遊んでいる男性ならともかく、ビギナーかそれに準ずるような人は、まず自分の好みを大事にしましょう。

そういう選び方をしばらくはつづけて、そのあとに本命以外のサイドメニューとして、人気ランキングでピンクコンパニオンを選ぶなら後悔は少ないでしょう。

女の子にもいろいろなタイプ・性格があって勉強になります。

■人気ランキングの順位に根拠はありません。

また根拠ありだとしても、自分の好みと人気とは別ものです。

人気ランキングの順位を“真実の順位だ”と思って利用するのは馬鹿げたことです。

そうではなくて一覧表として参考程度に留めましょう。

後悔のない選び方は、自分の好みを最優先に選ぶことです。

気分転換に好みとは違うピンクコンパニオンを選ぶのなら問題はありません。

初心者がピンクコンパニオンと遊ぶのに注意しておくことは?

「初心者はピンクコンパニオンに惚れやすい」というプロ同士の教えがあります。

稼げる相手ということです。

悪気のない商売の常道ですが後悔のないようにしましょう。

■女の子の言葉は額面通りに受け取らない。

初心者が後悔することの大半が、ピンクコンパニオンの言いなりになって、精算の時に取り返しがつかないほどの大金を支払われてしまうことです。

時間の延長、料理や飲み物の追加です。

ピンクコンパニオンも悪気はありませんが商売ですから、“稼げる相手”なら、それなりにトラップをかけて効率のいい稼ぎ方をします。

その気にさせて30分を2度延長すればけっこうな稼ぎになります。

■ピンクコンパニオンにはケチくさい男と思わせろ。

女性の前でケチくさいことを言うのは恥だと思うのは男性の常。

しかしビギナーの場合は、そこに大きな隙があります。

「アナタといると楽しいな、もう少し一緒にいてもいい?」、そんなことを言われてうまく断れるでしょうか?ベテランの利用者なら、最初から「金がなくて嫌になっちゃうよ」と、釘を刺しておきます。

延長も追加も今日はできないという、プロならわかる暗黙のフレーズです。

■ポイントはピンクコンパニオンに惚れないこと。

最初から予算を決めて、余分なお金は財布に入れないことです。

ピンクコンパニオンと遊び慣れた男子なら、サイフに千円札を10枚入れておきます。

延長料やタクシー代で3,000円とか6,000円とかの端数を渡すためです。

精算の時に1万円しかないと、返してもらえるはずのおつりが戻ってこないこともあります。

高いチップになってしまいます。

ピンクコンパニオンはシースルーコンパニオンより安価ですか?

ピンクコンパニオンもシースルーコンパニオンも、どちらが安値というほどの差はありません。

呼び名が違うだけでサービスがほぼ同じなら価格も同じです。

■着ているものが最初からスケスケ状態なだけ!?

・【おすすめ記事:こんなスケスケの女性と遊べたら~】https://sirabee.com/2019/03/25/20162055108/

結論から言ってしまえば、ピンクコンパニオンもシースルーコンパニオンも、提供されるサービスに大差はなく、分かりやすく言えばセックス行為の手前まで、エッチなゲームまでなら普通に付き合ってくれます。

シースルーコンパニオンは、女性の裸体がスケスケになっているという前提ですが、その程度ならピンクコンパニオンも、途中から衣装を着替えてスケスケ調になることが良くあります。

■シースルーもピンクも定義が曖昧で内容は同じ。

上記のようなことを考えるとシースルーコンパニオンだからとくに過激とか激アツということではありません。

したがってピンクコンパニオンのほうが安値ということも、シースルーコンパニオンのほうが高値ということもありません。

ネット検索で裏取りしてみたところ、価格面での上下はありませんでした。

■サービスや価格に違いがあるのはピンクコンパニオンとノーマルコンパニオンとの場合で、両者はサービスにも明確な違いがあります。

ノーマルコンパニオンとは宴席に加わってお酌をし、その場を盛り上げてくれたり和ませてくれたりする酌婦という職業で、エッチなことは一切しません。

料金は6,000円程度とピンクコンパニオンの半分程度。

シースルーコンパニオンは単に身にまとっているものの違いだけでピンクコンパニオンとはほぼ同額です。