「ピンクコンパニオンよりデリヘル!」という友人もいるが…。

ピンクコンパニオンとデリヘルは似て非なるもので、ピンクコンパニオンは性交渉の相手ではありません。

両者の違いを知って、それぞれの楽しみ方を満喫しましょう。

■存在感や意味が異なるデリヘル&コンパニオン。

人によってさまざまな解釈・価値観がありますが、ピンクコンパニオンは仲間と複数で楽しむパーティニーズに対応してくれる相手で、セックスが目的ではありません。

もともとは地方の旅館の宴会ニーズに応えたものなので、存在する意味そのものが違います。

デリヘルは性的な遊び、セックスそのものが目的です。

1対1で自宅など密室に来てもらって楽しむものです。

・【参考記事】【エロ体験談】張り切りすぎた初デリヘル

■ピンクコンパニオンは性交渉の対象ではない。

ピンクコンパニオンとデリヘルは、同一線上に並べて「どちらがいいか」と比較して選ぶ対象ではありません。

あるときはピンクコンパニオンを呼んでみんなと~。

あるときはデリヘルに来てもらって性的な快楽を楽しむといったように、別々の存在意義があるものです。

若いうちに両方を経験しておくと、その後の自分の勉強にもなります。

■「ピンクコンパニオンよりデリヘル」と言った友人は、両方を経験して、いまの自分にはデリヘルがいいと言っているだけです。

性的なものを形式で論じるのもおかしなことですが、ピンクコンパニオンは誰が何と言ってもパーティ需要なので、セックス対象とは一線を画するものです。

違った楽しみ方を知って、無理のないように接していきましょう。

ピンクコンパニオン嬢の中にも、セックスが苦手な女の子もいます。

無理強いしないように気をつけましょう。

Comments are closed.