初心者がピンクコンパニオンと遊ぶのに注意しておくことは?

「初心者はピンクコンパニオンに惚れやすい」というプロ同士の教えがあります。

稼げる相手ということです。

悪気のない商売の常道ですが後悔のないようにしましょう。

■女の子の言葉は額面通りに受け取らない。

初心者が後悔することの大半が、ピンクコンパニオンの言いなりになって、精算の時に取り返しがつかないほどの大金を支払われてしまうことです。

時間の延長、料理や飲み物の追加です。

ピンクコンパニオンも悪気はありませんが商売ですから、“稼げる相手”なら、それなりにトラップをかけて効率のいい稼ぎ方をします。

その気にさせて30分を2度延長すればけっこうな稼ぎになります。

■ピンクコンパニオンにはケチくさい男と思わせろ。

女性の前でケチくさいことを言うのは恥だと思うのは男性の常。

しかしビギナーの場合は、そこに大きな隙があります。

「アナタといると楽しいな、もう少し一緒にいてもいい?」、そんなことを言われてうまく断れるでしょうか?ベテランの利用者なら、最初から「金がなくて嫌になっちゃうよ」と、釘を刺しておきます。

延長も追加も今日はできないという、プロならわかる暗黙のフレーズです。

■ポイントはピンクコンパニオンに惚れないこと。

最初から予算を決めて、余分なお金は財布に入れないことです。

ピンクコンパニオンと遊び慣れた男子なら、サイフに千円札を10枚入れておきます。

延長料やタクシー代で3,000円とか6,000円とかの端数を渡すためです。

精算の時に1万円しかないと、返してもらえるはずのおつりが戻ってこないこともあります。

高いチップになってしまいます。

Comments are closed.