ワーキングホリデー先としてオーストラリアを選ぶ理由はたくさんあります。

ネット検索してみて、あまりメリットとして話されていないのが気候だと思います。

オーストラリアの気候は素晴らしいです。

ワーホリ気候と呼びたい!
勿論オーストラリア全大陸がそうなわけでなくて、ワーキングホリデー先になるであろうシドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズ、ゴールドコースト、パースなどです。

真冬でも5度を下回ることはまずなく、一年中Tシャツと短パンとビーチサンダルのみで過ごしている人が沢山います。

平日のオフィス街以外のところでは、革靴+スラックス+シャツの男性、お化粧+ストッキング+パンプスの女性は『異様』に映ると言っていいでしょう。

ワーキングホリデーでは身の回りのものは最小限になりますので、洋服や靴の数は限られます。

超過料金を払わないためには20キロちょっとでしょう。

コートなどの重衣料が不要なのは、移動に便利だけでなく、着いてからの生活も楽です。

オーストラリアでは、みんないつでもカジュアル。

洗濯して清潔でありさえすれば、それで充分『キチンとした』印象を与えることができます。

女性だったら、男性よりも着る物が気になるというか、見た目が気になることでしょう。

周囲の女性はバッチリメイクでおしゃれな服装、自分はTシャツにほとんどノーメーク、何気なくガラスに映った自分の姿にガッカリ、ということはオーストラリアではないです。

日本人女性の場合、逆はあります。

周囲が強い太陽光の下でゆったりカジュアルなサンドレスやタンクトップなのに、何を間違ったか今からどこ行くの?くらい気張っておしゃれしすぎってことが。

気取らずにナチュラルでいることがオーストラリアでは、一番おしゃれです。

ワーキングホリデーメーカーにとっては嬉しい限りです。

ワーキングホリデーを満喫するには事前に色々な手配が必要です。
AICのようなしっかりしたエージェントに相談しながら準備をする事が大切です。

浮かれてオーストラリアに行ったら住むところもなかった!という事にならない様にしてください。